リボーンの棋士
主人公の「安住」は元プロ棋士養成機関_奨励会に所属していた29歳のフリーター。
主人公がプロになれなかったという挫折からスタートする珍しいマンガです。

奨励会では26歳までにプロに昇段することできなければ退会するという鉄の掟がある。
26歳となり年齢制限によって人生最大の挫折を味わった安住。

安住は奨励会を退会後、将棋とは離れて生きていくことを決めた。
しかし新たな目標は持てずフリーターに・・・・そして数年が過ぎていた。
あるきっかけで将棋の本来の楽しさを再確認した安住はアマチュアの将棋大会に出場し、優勝する。
そこから、安住の人生が変化しはじめる。
51BFEECE-8FDE-4B8B-9904-C94E197CDF8B_1_105_c

続きを読む