リウーを待ちながら

静岡県内の架空都市でのペスト感染を描いた作品です。
発生原因、場所、行政対応などの描写がすごく現実的で読んでいてとてもリアリティを感じます。知識系の情報もあり読むといろいろと調べたくなる作品!今回は私の知識がゼロのため【キャラクター】にフォーカスして紹介!


【 ストーリー】
感染発生地域は人口9万人、自衛隊の駐屯地がある静岡県横走市。(架空)
1巻は
原因不明の高熱による死者が多発

主人公が感染症疑い、単独調査

これによりペスト感染を早期に発見

アウトブレイク(感染の拡大)に対する対策実施

想定を超える感染によりアウトブレイク発生

ペスト感染の本格化・・・
というヤバめな方向に進みます。

そんなヤバい状況をサバイブしてくドクターを紹介します◎
【キャラクター】
★主人公:玉木涼穂(たまきすずほ)
HrAjIN5wQN6%yv2s3zBuHg_thumb_16ef
横走市内の病院に勤務する勤務医
仕事人間で愛想がない、目の前の事に全力を注ぐ熱血漢タイプ
BJplBrb2Rmu1NkGY9fPsOA_thumb_16fa
ペスト発生初期に高熱で死亡した患者を担当し、いち早く感染症を疑った。同僚の感染を見落とした事を後悔し、一人でも多くの命を救うためになりふりかまわぬ行動をとりはじめる!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16ecのコピー


★原神研究員(はらがみ)
ペスト専門の研究員
TC%N7QMVTVm6i0kdQ6VLMQ_thumb_16f1
n7q3ErGnRpWVVDe1C96C5A_thumb_16ee
0FrtsfpUS+WpZocaTdwrzQ_thumb_16f2
ペスト発生と同時に横走市へ飛んで来た命知らず。
ペストの拡大を俯瞰しているような雰囲気もあり、つかめない性格。
偏屈な研究者オーラをまとってるがペストの知識、対応力はさすが。
頼れる司令塔◎
is8J2qMaQha8l3PlYYvCBA_thumb_16df
PjM06F4fQnSF9JM1IffKbQ_thumb_16e3
oBTak5TiSfWAthBV8aCPiw_thumb_16ea
絶望的な状況でも諦めない玉木医師を尊敬している?
玉木医師と原神研究員の連携が横走市の命運を分ける↓
DvmYm7fyRki6hYzWGNQwhA_thumb_16f3


★駒野医師(こまの)
166dU5GWQqKj2aCNfHdKWA_thumb_16de
自衛隊の勤務医。中東派遣から帰国した自衛隊員がペスト菌を日本に持ち込んだと予測し、それを証明した。1巻でのMVP◎
自身も中東に派遣された際はペストにより全滅した町を目にしている。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16edのコピー
自衛隊内部で奮闘↓
自衛隊員という立場上、許可されない行動を躊躇していたが中東での経験や玉木医師の影響で積極的な行動にでる。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16e6
8VZJyTVHRgKM3+Y6Qd1YcA_thumb_16e9
PYXXPMKiS4mnIXUZTxCBgQ_thumb_16f0
vjQQ7HgMQlGvxi6TSpUyWg_thumb_16eb


【感想】
全3巻の内、1巻部分のみ紹介しました。
2巻以降では横走市でのペスト発生が全国に報道されていきます。
ワクチンが見つからない限り増え続けていく死者。
そんな状況で国、横走市の人、外部の人々、そしてペストと闘う事を選んだ3人はどう行動するのか?
世界観のリアリティからは恐怖を、感染症と闘う人々からは勇気を感じれる作品です。
6eF9X+%KSlK+zkcUbhSOXA_thumb_16e7