マンガソムリエ

読みたいテーマから選ぶマンガ紹介ブログ!

カテゴリ: グルメマンガ

ながたんと青と
★ストーリー
舞台は終戦から6年が経った1951年の京都_東山
主人公:いち日(いちか)は料理人として西洋ホテルに勤めている。
いち日の実家は老舗料亭:桑の木(くわのき)
桑の木は戦後の不況で経営が傾き、このたび有力資産家の援助を受ける運びとなった。
援助の前提にはいち日の妹と資産家の三男:周(あまね19歳)の結婚があったのだが・・・
ある日、いち日の妹が別の男と駆け落ちしてしまう・・・・
その結果、いち日と周が結婚することに。二人の年齢差はなんと15歳!(いち日は34歳)

歳差の夫婦が戦後の日本を舞台に老舗料亭:桑の木の再建に挑む!


★キャラクター
・主人公:いち日
西洋料理に憧れ、ホテルの厨房に勤務していたが実家の料亭:桑の木の再建を決意しホテルを辞める!
卵料理がこの世で一番好き
年齢の割に若く見られる
5Yrq%R9iQkyAbMWdHL%CLw_thumb_169b
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_168f
・周(あまね)
資産家一家の三男。大学生ながら桑の木の経営面に才能を発揮する。
いち日と揉める事もあるが的確なプランを提案する桑の木の戦略担当◎
女性の社会進出に前向き。
IMG_0294
+xKo9t7yQqu%0zqMn7tULg_thumb_16a1
sJj37GgVSHKLqT1kMYixOQ_thumb_16a8

周は若いが合理的な考えを貫く強いメンタルの持ち主。
そんな周の経営参加を不快に思う料理人たちが一斉退職を申し出る。しかし周のブレない態度!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_ff
Q5gAZPINQWSTVSNJhdhbxQ_thumb_16a9


★世界観
戦後の日本社会でいかに「女性」が認められない存在だったか。が伝わってきます。
qhWoZ971SUWFsNqGiKSxUA_thumb_169dsOlMWlrMTJOP0TIukFst3A_thumb_169a

★感想
物もエンタメも現代より圧倒的に少ない戦後の日本。にもかかわらず
一つ一つの料理を丁寧に作るいち日を見ていると、そんな時代が魅力的に見えてきます。
戦後の世界観を感じつつ料理と色恋も楽しめる万能作品。

侠飯
原作小説、ドラマ、いずれも大ヒットした大人気任侠グルメの決定版。ついに待望のコミック化!!! 就職戦線真っ只中にいる若水良太は、なんの取り柄もないダメダメ大学生。そんな良太は、学校の帰り道に突然ヤクザの抗争に巻き込まれてしまう! 組長の柳刃竜一と子分の火野に助けられるも、柳刃は部屋に居座ってしまう。 そして、わがもの顔でキッチンを占領するのであった。ヤクザが作る料理とは一体……?  



【日常の「飯」が心持ち一つで一気にレベルアップ!】
柳刃組長の作る料理はどれもウマそう◎しかも使う食材は男子大学生のアパートにある手軽な食材ばかり。この手軽さがマネしたい気持ちを起こさせる!

↓良太の家へ柳刃組長と組員の火野が上がり込んだ初日。柳刃組長が良太の家にあった飲み会の残り物
で3品の酒のアテを作りだす!
食材はこのレベル。
・オイルサーディン
・レモン
・ねぎ
・卵
・かまぼこ
・りんご
・チーズ

fullsizeoutput_1584
fullsizeoutput_1586
fullsizeoutput_1587fullsizeoutput_1588
どれも美味そう!オイルサーディンのレモン乗せは実践したい。


【日常の「食」をどう考える?
何故、ヤクザの組長の料理スキルがこんなにも高いのか?それは柳刃組長の生き方にあった
fullsizeoutput_159a
fullsizeoutput_159b
fullsizeoutput_159f
自堕落な生活を送っていた良太の心に響いた組長の一言!
洗い物ひとつにもその生き様が現れる↓

fullsizeoutput_158d
fullsizeoutput_158b

【「食」から感じる「生き様」がカッコいい

二人のヤクザと共同生活(強制)をすることとなったゆるふわ大学生の良太。
二人のヤクザ的な視点から良太の惰性な就活やインスタに振舞わされる生活に鋭い突っ込みが入る◎
fullsizeoutput_15a3
fullsizeoutput_15a7
fullsizeoutput_1591

締まりのなかった良太の生活が柳刃組長らの影響で徐々に引き締まっていく様が気持ち良い◎
マネしたくなる柳刃流飯や心意気も見つかるはず!



2019/04/28現在:1巻無料キャンペーン中!ぜひに!




 

忘却のサチコ_4
こちらの記事で紹介した「忘却のサチコ」

今回は第4巻
4巻だけで沖縄、名古屋、稚内、へ出張し美食を堪能するサチコ。

沖縄ではグルクンの唐揚げ、アーサーの天ぷら、テビチの煮付けなど前半から魅力的すぎるグルメ出張をエンジョイしています。


沖縄から戻り、会社に戻ったサチコは休む間も無く平成生まれの生意気な新入社員(小林)の教育係を任されます。

みんなこの新入社員に手を焼いていた。

屁理屈をこねては資料集めや電話対応をサボる新入社員の小林にバカ真面目なサチコは真っ向勝負!


小林:「手が空かず電話にでられません!」
サチコ:「忙しいのはみんな一緒、なのに忙しさを理由にするのは自ら無能と宣言しているのと等しいかと」

おぉ!社内からも歓声がこだまする!

食にも仕事にも真っ向勝負のサチコのブレない姿勢がかっこいい!



仕事では小林の屁理屈も一刀両断していくサチコだが小林から「サチコさんも恋愛ヘタソウ」と恋愛面に突っ込まれダメージをくらってしまう。
サチコの小林対策はもちろんグルメでのストレス発散!
今回のチョイスは和風大盛りスパゲッティ、これもめっちゃうまそう!


後半では稚内への出張でウニを堪能するサチコ。
ふだんは有給なんて使ったことがないサチコだったが稚内で最高級のウニを食べるために有給を使い出張を1日伸ばすというウルトラCを発動!


稚内の超新鮮なウニ丼を掻き込むサチコの姿は最高です!あ〜ウニ食いたい◎!
新キャラ小林は今後も登場しそうな。。。

巻が進む毎に食への探究心が強くなっていくサチコが魅力的、さて次回の出張先はWHERE?








 

忘却のサチコ_1


ただ忘れるために…美食を求めて東へ西へ! 
佐々木幸子(ささき・さちこ)、29歳。職業、文芸誌編集者。
仕事は順調、結婚も決まり、これまで完璧な人生を歩んできた。
あの日までは…!!


主人公サチコは結婚式の真っ最中に新郎(俊吾さん)に逃げられてしまう。

「サチコ、すまない」のメッセージだけを残して・・・

ありえなすぎる事態に家族や職場の人達からも心配されるサチコ。
普通のメンタルなら会社なんて2、3日は休むところですが
バカまじめキャラのサチコは翌日には会社に出勤。
むしろ上司からは休むことを勧められる。


新郎の俊吾さんにフラれたダメージは小さいように見えたサチコだったが
やはりその傷は深かった。

仕事でも普段はしないボケをしてしまったりと気が付けば俊吾さんの事を考えてしまう。
IMG_0210

そんなサチコを救ったのは
ふと入った定食屋で食べた「鯖の味噌煮」
IMG_0212

おいしものを食べている瞬間は俊吾さんの事を完全に忘れていたサチコ◎
IMG_0338

「おいしいものを食べて元彼の事を忘れる」(むしろ思いを馳せている場合も多い)

その瞬間を求めてサチコの食道楽がスタート!

サチコは出版社勤務でたびたび
地方出張が。
出張先ではその地方の名産を食してくれます。
読んでると旅行に行きたくなったり各地方のご当地グルメの知識が身についたりと
メリット大!



 

↑このページのトップヘ