トネガワ_7
兵藤会長という金の権化に雇用されているトネガワ(中間管理職)。
トネガワの日々の業務を知る事で「労働者」がいかに立場が弱く、肩身の狭い存在かが伝わってきます。

日々トネガワがどれほど兵藤会長に気を使っているか・・・
社長や上司、先輩などに気をもんでいる人は共感ポイントが多く楽しめると思います◎


兵藤会長というムチャクチャな雇用主に対するトネガワの気遣いや対応策を紹介!

●長期休暇が取れても兵藤会長からの「理不尽な呼び出し」に備えて関東圏内で休暇を過ごしてしまう。本当は海外に行きたいが第7巻でトネガワは日光(栃木)で妥協する。
休暇さえ自由に使えないトネガワの辛さが沁みます。

●兵藤会長の機嫌が良い日が稀にある。そんな日はトネガワも部下達もリラックスモード。
だがそんな日が長く続きすぎると逆に不安になってくる。
兵藤会長の機嫌がいつ急変するとも限らない!
案の定、兵藤会長が小石につまづいたことがきっかけとなり機嫌が急変!
そんな不測の事態も想定しているトネガワ。
中間管理職の準備力はハンパじゃない。


●兵藤会長が多重債務者達を集めてお笑い大会を実施。
兵藤会長と共に債務者達のギャグを鑑賞するトネガワだったが「笑い」においてもトネガワに自由はなかった。
ある債務者がトネガワのツボにハマるギャグを連発!トネガワ大爆笑!・・・と思われたが
そのギャグは兵藤会長の嫌いなタイプの「笑い」だった。
こんな時トネガワは一切笑うことができない。
もし笑えば兵藤会長からの制裁が・・・・
爆笑の時間が笑いを我慢する地獄の時間になってしまうトネガワ。これが中間管理職の日常。 


他にもサラリーマンなら「だよなー」共感してしまうようなエピソードが多数。
労働者として気を使っていればいる程に楽しめる異色マンガ◎