マンガソムリエ

読みたいテーマから選ぶマンガ紹介ブログ!

2018年07月

スイートプールサイド

「惡の華」の押見修造さんの短編読み切り作品


水泳部1年の太田(男子)には悩みがあった。

それは、体毛が薄すぎること。
すなわち下の毛もまだ生えてない。
そしてお肌も子供のようにスベスベ。

スベスベのお肌をクラスメイトの女子にからかわれたり。
下の毛が生えていないことを先輩にいじられたり。

そんな太田は同じ水泳部の後藤(女子)から深刻な相談を受ける。
それは体毛を薄くする方法を教えてほしいという相談。

後藤は太田とは逆に体毛の濃さに悩んでいた。


男子としては体毛が薄い太田
女子としては体毛が濃い後藤



紆余曲折を経て太田は後藤から腕毛とスネ毛の処理を頼まれる。

後藤からの頼みはワキ毛にまで発展し、さらには下の毛の処理を頼まれた太田!

どうする、太田!?





体毛が薄く、下の毛がまだ生えてないことをバラされる太田!
IMG_0366

太田に相談する後藤
IMG_0226


どうする太田!
IMG_0368


エロいようなエロくないような、やっぱエロいような。
 中学生の独特な雰囲気が伝わって来る短編作品。

読んだあとはエロさより、さわやかさが残るような◎


キンドル版には追加短編「超常眼球 沢田」も収録。
透視能力を身につけた沢田が全校女子生徒のオッパイのデータベース作成をにトライする_笑!


どちらもサクッと読めてクスッと笑えます。
短編好きの方はぜひ!


LINEマンガにて期間限定試し読み増量中


東京トイボックス_0
東京トイボックスのスピンアウト作品

本編の主人公:天川太陽と
その幼馴染であり本編では最大の敵となる:仙水いずる
二人の分裂前のストーリー


本編では
太陽(ゲーム作りの天才)はゲームのクオリティに執着するあまり
周囲と衝突。結果、大手ゲーム制作会社ソリダスワークスを追放され
小規模ゲーム会社の社長となっている。

一方、仙水(太陽に憧れた秀才エリート)は太陽との分裂後も
ソリダスワークスに残りそのポジションを不動の物にしている。


本編は太陽と仙水の衝突や
二人が分裂する原因となったビッグタイトル「ソードクロニクル」
がストーリーの中核になるのですが
この0巻は二人がソリダスワークスにインターン生として入社し
「ソードクロニクル」制作への足がかりを掴む部分が描かれてます。

↓ソリダスワークスのインターンで再会する太陽(右)と仙水(左)
IMG_0228


↓若い頃から突っ走る太陽(インターン生なのにメッチャ出しゃ張る...)
IMG_0229

↓太陽の情熱がスタッフを動かしていく
IMG_0230
IMG_0231


ゲームオタクの天才クリエイターが周囲を巻き込んでいく熱血物語!

引き込まれるストーリー展開、絵も綺麗で読みやすい◯
ハマれるマンガ間違いなし◎!






本編はこちら



25時のバカンス

深海生物圏研究室に勤務する西 乙女は、休暇を取って久しぶりに弟の甲太郎と再会する。深夜25時の海辺にて乙女が甲太郎に見せたの は、貝に侵食された自分の姿だった。


2017年にアニメ化された「宝石の国」の市川春子さんの作品。

難しい内容ではないんですが
つかみどころがなく自分には説明不可です

とにかく読んでいる最中と読み終わった後はここち良い気分になれます◯


イラスト、雰囲気、キャラクターにビビっときたら読むべし◎
IMG_1669

IMG_1672

IMG_1674

IMG_1675

↓キャラの会話もおもしろい。
IMG_1670

絵もキャラクターもシャレてます◎
25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)
市川 春子
講談社
2011-09-23
 

花咲きさん_1

ちょっとヤバめなステータスの花咲さん。

一人の女性が夢にこだわりまくる熱いマンガです◯

花咲さくら、31歳、無職、彼氏なし。
かつて漫画雑誌で連載を持っていた漫画家だったが、編集者と合わず雑誌を飛び出してしまう。
その後は、持ち込みも就職活動もうまくいかない。
このまま漫画を描き続けるか? 就職するか?
漫画を描くのは夢だったのか、自分を苦しめるものだったのか…
30歳を超え、人生の決断を迫られる…!! 



夢を追う花咲さんにいろいろとつらい出来事が・・・

例えば
「友人から結婚式へ招待されるも金が無い!」
とか
「会社員時代の後輩に「食事代を私(花咲さんの元後輩)が出しますよ」と言われる!」
とかとか

このリアリティがこころに沁みる・・・

 
さすがに花咲さんも
漫画を断念し一般企業の面接を受けたり。
IMG_0222

・編集社へ原稿を持ち込むがボツ
・一般企業への就職活動するも書類が通らない
どっちも鳴かず飛ばず・・・

この先の人生をマンガに賭けるか、あきらめて就職するのか
花咲さんの決断は? 


アマゾンレビューも賛否両論

★二つの方
皆さんのレビューを呼んだ上で購入し最終巻まで読みました。
なるほどレビューに描かれていることを実感しました。
迷走するにしてもこの主人公は何をしているんだろうと思いました。
やることが全部が中途半端で、本人は悩んだ末かもしれないけど「やっぱやーめた」が多い。
そうやって続かないから漫画もダメなんじゃ…。

★五つの方
この漫画には、夢と現実の間に揺れ動く痛々しくも、
憎めない人の心理が上手く描かれています。
新しい物を作り出そうとしている人の中には、
この漫画で描かれているような葛藤を
経験した人も多いかと思います。
そういった人には共感できる部分が多いはず。
逆に言うと、真っ直ぐポジティブに人生を
送っている人には腹立たしく感じられるかもしれません。

万人受けはしないけど私は好きです。
この先どっちの方向に話が進んで行くのか
まだまだ読めませんが、期待しています。



就活したり、マンガを描いたり
と右往左往する花咲さん。
でもその人間らしさがリアルだから読みたくなる。


幽霊塔_1



医龍の乃木坂太郎が描く本格サスペンス。

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・ 



1巻、表紙の美少年はテツオ。
IMG_1654
↑テツオは切れ者でその頭脳と容姿で人を魅了し、幽麗塔の財宝に近づこうとする。



ニートで金持ちに成る事を夢見る天野。
IMG_1657
↑天野は突如現れたテツオから幽麗塔の秘密を教えられ
財宝の折半を条件にテツオと手を組むことに。

しかし
幽霊塔に関わることが命懸けであることを体感し
一度は幽霊塔から手を引こうとする。

だが、一人の女性の存在により
天野も幽麗塔の財宝にすべてを賭ける覚悟を決める。
IMG_1658
IMG_1659



IMG_1660
↑天野が完全に腹をくくる。そのきっかけとは?



1巻から幽麗塔の周囲にはドス黒いに人間が集まります。
IMG_1661
↑権力者の丸部道九郎:幽麗塔の所有者となり財宝の入手を図る。



IMG_1662
↑死番虫(しばんむし):幽霊塔内部に潜む謎の殺人鬼、その正体は?
こいつマジで怖いです。出てくると軽く鳥肌立ちます。



1巻からサスペンス要素全開◎登場するキャラの存在感がすごい。

幽麗塔に狂わされていく天野。
徐々に明かされるテツオの正体と真の目的。

完結済みの作品なので一気読みするも良し◎ 


幽麗塔(1) (ビッグコミックス)
乃木坂太郎
小学館
2013-05-30
 

↑このページのトップヘ