UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16cf
★ストーリー
主人公:花垣武道(はながきタケミチ_26歳)は中学時代の彼女:ヒナが
東京全土を支配する反社会勢力:東京卍會(トウキョウマンジカイ:通称トーマン)の抗争に巻き込まれて死亡したことを知る。

トーマンはタケミチが中学2年の頃にケンカを売ったが逆にボコボコにされた不良集団がその原型となっていた。
そんな中、タケミチはある条件を満たすと過去にタイムリープができようになる。
武道はヒナの死という現実を変えるために過去にタイムリープし、その原因になったトーマンを潰すこと試みるが・・・・


★キャラクター
とにもかくにも登場キャラクターのカッコ良さがこのマンガの魅力だと思います!

まずは主人公
◆花垣武道(はながきタケミチ)
4Z%TEIihQPyV4HLzk0IpMA_thumb_16bf
ヒナの命を救うため、トーマンの結成時期にタイムリープするタケミチ。
ケンカが弱いタケミチが本物の不良達が集まるトーマンをどう止める!?
ヒナの死ぬ未来を変えるにため、タケミチにできることはあるのか!?


◆佐野万次郎(マイキー)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1644
トーマン不動のリーダー。圧倒的カリスマと強さでトーマンを牽引する。
過去のマイキーはトーマンを良い方向へ導いている。
トーマンが犯罪集団へ変容してしまった原因は?

東京卍會(トーマン)結成メンバー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d2
マイキーを頭に計6人で結成されたトーマン。
各メンバーともめちゃくちゃキャラが立ってます◎
特にNo2のドラケン(長身のキャラ)はマイキー並のカリスマを持つ。
この二人がトーマンの心臓。


・稀咲鉄太(きさきてつた)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16cdのコピー
・ラスボス。ケンカは弱いが頭はキレまくる策士。
稀咲自身もマイキーに心酔している。
稀咲の狙いはマイキーをダークサイドに落としトーマンを犯罪組織に変えること。
未来のトーマンでは稀咲がNo2になっている。
稀咲を止めることがトーマンを止めることになりそうだが・・・・


マイキーというカリスマをタケミチとトーマン結成メンバーが光に導くか?!
それとも稀咲が闇に導くのか?!
それによって未来は一変する!

★見どころ
人は未来を知った時、過去の自分を超えられるか!
中学時代のタケミチにとってトーマンは雲の上の上の存在。
最強の武闘派集団にザコだったタケミチが介入していく。
とにかく修羅場の連続。
ふつうなら逃げ出すが、逃げれば未来のヒナが死ぬ。
覚悟を決めたタケミチが自分を超えていく瞬間が見どころ!d1a8Y6acToWjNPhPhxZTbA_thumb_16c5
aymJqatyRC23aL+0AAkjHA_thumb_16c4のコピー
%RPw5VV1RsWzDEIh2V%TmA_thumb_16bc
tSUBsTwaTq+IzaJzHaaxEw_thumb_16c8


・過去の成功=未来が良くなる。とは限らない。
だからおもしろい!

過去での原因を潰し、未来に戻ったタケミチだが・・・・そこには思わぬ結果が・・・
未来の変化が明かされる!その瞬間が最高にスリリングです!
↓良い未来もあるが・・・
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d3
想定外の未来も起こる!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1646のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー3
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー2


負けるとわかっていても戦えるのが花垣タケミチ!
負けてもヒナを救えればかまわない。
タケミチはどこまで過去の自分を超えられるか!?