ファブル

裏社会で暗殺を生業とする組織「ファブル」を描いた作品。
主人公はファブルの暗殺者:佐藤アキラ

佐藤はボスから「1年間、一般社会で普通の生活をしろ」と命令される。
命令の通り佐藤は暗殺のパートナー「洋子
と一緒に一般社会で静かに生活しようとする。しかし二人の暗殺者としての「強さ」と「匂い」がトラブルを招いていく。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167fのコピー
◯佐藤アキラの「強さ」が底知れない!
ファブルは裏の世界でもヤクザの組長クラスしかその存在を知らない最高レベルの暗殺組織。その中でも最高傑作と言われているのが佐藤。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1627のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1628
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166dのコピー2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166dのコピー

佐藤の強さのルーツは
幼少期のサバイバル生活!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_163b

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_163a

佐藤は今でも訓練として数日間のサバイバル生活をたまにしている
佐藤に憧れるヤクザの「黒潮(クロちゃん)」が佐藤に同行を希望するが・・・
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1663のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bc
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bd
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15baのコピー
「ザ・ファブル」は各キャラのルーツや性格にそれぞれのリアリティがあります。
特に主要キャラは実在する人物に思えてくるほど。このリアリティがおもしろい!

裏の暗殺組織ファブル、そのブレない
世界観が絶妙!
「ファブル」は自分達を「ファブル」とは呼ばない。「ファブル」という名は実態の掴めない存在という意味から周囲が勝手に付けたアダ名。(ファブル=寓話)
裏社会でもファブルは都市伝説のような扱いで、架空の作り話とさえ思われている。

「ファブル」の世界観とその輪郭が佐藤の言動から見えてくる◎
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1679

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bbのコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167d

ストーリーが進むにつれて佐藤がどれほど強いのか、ファブルの全容、が見えてきます。佐藤の強さが本領発揮される瞬間が最高に面白い!
他のキャラの行動、
性格、思考、死に様、などにもリアリティが感じられます。このリアリティが「ザ・ファブル」の魅力!
読み始めたら佐藤や各キャラの動向が気になってついつい買ってしまう!