探さないでください
作者の中川学さんは
北海道内の中学校に数学教師として勤務していたが
仕事に追い込まれて失踪した。

失踪から15年、中川さんは漫画家になっていた。


内容は
漫画家となった中川さんが15年前に失踪したルートを回りながら
当時の自分の精神状態や考えていたことを振り返ったり、
迷惑をかけた中学校へ謝りに行ったりするという
失踪コミックエッセイ。 


内容的に小説だったら重くて読めないんですが
コミックなのとイラストのコミカルさが
内容の重さを軽くしてくれます。
マンガとして楽しめる◎


失踪中に自分を見つめ直し
「教師は二度とやらない」
など自分なりのアンサーを出し、結果的に漫画家となった中川さん。
その分岐点となった経験が凝縮されてます。


中川さんの性格が伝わって来る失踪時の行動がリアルでおもしろい。
失踪中は両親からも逃げていた中川さん。
でも本州にいる弟さんところには自ら顔を出しに行った。「オス!来たよ!」くらいのノリで!
失踪中の中川さんを探していた両親は弟さんからの「昨日、兄ちゃんが家に遊びきたよ。」
という連絡で中川さんの生存を知り安堵する。
中川さんマイペース・・・


中川さんがいわく
今まで「不安」を人生の選択の基準にしてきたことががよくなかった。と
教師を選んだのは公務員には「不安」がないと思ったから
勉強したのも「不安」を減らす為
運動部に入ったのは帰宅部や文化部だと舐められるから
など・・
社会人になって人間は「不安」だけをエネルギーを頑張り続ける事は
できないとわかった。
「不安」を行動の動機にしてはいけないというメッセージ!



中川さんの濃厚な経験が凝縮されたコミックエッセイ。


探さないでください
中川 学
平凡社
2016-12-19