マンガソムリエ

読みたいテーマから選ぶマンガ紹介ブログ!

侠飯
原作小説、ドラマ、いずれも大ヒットした大人気任侠グルメの決定版。ついに待望のコミック化!!! 就職戦線真っ只中にいる若水良太は、なんの取り柄もないダメダメ大学生。そんな良太は、学校の帰り道に突然ヤクザの抗争に巻き込まれてしまう! 組長の柳刃竜一と子分の火野に助けられるも、柳刃は部屋に居座ってしまう。 そして、わがもの顔でキッチンを占領するのであった。ヤクザが作る料理とは一体……?  



【日常の「飯」が心持ち一つで一気にレベルアップ!】
柳刃組長の作る料理はどれもウマそう◎しかも使う食材は男子大学生のアパートにある手軽な食材ばかり。この手軽さがマネしたい気持ちを起こさせる!

↓良太の家へ柳刃組長と組員の火野が上がり込んだ初日。柳刃組長が良太の家にあった飲み会の残り物
で3品の酒のアテを作りだす!
食材はこのレベル。
・オイルサーディン
・レモン
・ねぎ
・卵
・かまぼこ
・りんご
・チーズ

fullsizeoutput_1584
fullsizeoutput_1586
fullsizeoutput_1587fullsizeoutput_1588
どれも美味そう!オイルサーディンのレモン乗せは実践したい。


【日常の「食」をどう考える?
何故、ヤクザの組長の料理スキルがこんなにも高いのか?それは柳刃組長の生き方にあった
fullsizeoutput_159a
fullsizeoutput_159b
fullsizeoutput_159f
自堕落な生活を送っていた良太の心に響いた組長の一言!
洗い物ひとつにもその生き様が現れる↓

fullsizeoutput_158d
fullsizeoutput_158b

【「食」から感じる「生き様」がカッコいい

二人のヤクザと共同生活(強制)をすることとなったゆるふわ大学生の良太。
二人のヤクザ的な視点から良太の惰性な就活やインスタに振舞わされる生活に鋭い突っ込みが入る◎
fullsizeoutput_15a3
fullsizeoutput_15a7
fullsizeoutput_1591

締まりのなかった良太の生活が柳刃組長らの影響で徐々に引き締まっていく様が気持ち良い◎
マネしたくなる柳刃流飯や心意気も見つかるはず!



2019/04/28現在:1巻無料キャンペーン中!ぜひに!




 

ピンポン_3
こちらの記事で紹介した「ピンポン」
の第3巻

二人の主人公の内の一人:「スマイル」の才能がついに本領を発揮し始める。

スマイルの連勝記録は伸び続けついにインターハイ覇者の「風間」がスマイルの引き抜きに現れる。

このことに納得できない男が一人。風間と同じ海王学園の部員である「佐久間」。
実は佐久間はペコとスマイルと幼馴染。本気で卓球を志した佐久間は海王学園へ進学したが海王学園では補欠がやっと。そんな海王学園のボスである風間がスマイルに惚れ込んでいるなんて・・・
子供の頃は佐久間の方がスマイルより強かった。

どうしても納得できない佐久間は単身スマイルへの対外試合を申し込む。
IMG_0341
IMG_0342
IMG_0343
IMG_0344
IMG_0345
卓球にすべて賭けて来た佐久間だがスマイルの才能の前に圧倒的な挫折を味わう。
この佐久間の泥臭ささがめっちゃいいんです!挫折をクールにごまかしたりしないってかできない。圧倒的な「才能」を見せつけられても簡単に引けないほどの努力してきた。
頭では理解できても心が納得しない。凡人には一番気持ちがわかるキャラだと思います。

佐久間のような熱い敗者達も【ピンポン】の見どころ◎
部活がんばってた人がんばってる人にはよりおすすめの名作です。
 

ドンケツ_1
読んでいてここまでページをめくる手が止まらなくなった作品は過去になかったです(マジ)

★主人公「ロケマサ」の暴れっぷりが最高に気持ちいい◎
ロケマサは九州地区最大の巨大ヤクザ組織:「月輪界(げつりんかい)」のケンカ番長。
その強さは無法者があつまるヤクザ界でも頭ひとつ抜けている。

相手が誰だろうがムカついたらケンカで解決するのがロケマサ流。
その喧嘩っ早さからビジネス主義になった今の月輪界では問題児あつかいされている。
thumb_IMG_0423_1024
thumb_IMG_0420_1024
↑先輩にも食ってかかるロケマサ。
この態度のため出世はできていないが男としての魅力は間違いない◎


★ヤクザの常識は世間の非常識
ヤクザ界の価値観は一般社会とは異質。
thumb_IMG_0412_1024
thumb_IMG_0413_1024
チンピラや半グレ組織とは一線を画する正統派ヤクザの貫くヤクザ精神とは?


時代にあわせて組織的になっていくヤクザ。
その中でヤクザ精神を持たないチンピラ、半グレといったなんでもありの集団の台頭。
組織拡大により末端の構成員を統率できなくなっていく月輪界。
そんな中クーデターを計画する新興派閥があらわれる。
分裂をはじめる月輪界。
そんな状況の中でも自分のヤクザ道を貫き通すロケマサ。仁義、任侠、大義、見栄、そしてケンカ。ロケマサの行動が「月輪界」に正統派ヤクザとして方向性を示していく。


ヤクザ界の価値観が覗きみえる一冊!
中盤〜後半の展開のスピード感とロケマサが倒してほしい敵を徹底的に潰していく様子は本当に痛快です◎◎


ドンケツ 1 (ヤングキングコミックス)
たーし
少年画報社
2011-09-26

↑このページのトップヘ