マンガソムリエ

読みたいテーマから選ぶマンガ紹介ブログ!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16cf
★ストーリー
主人公:花垣武道(はながきタケミチ_26歳)は中学時代の彼女:ヒナが
東京全土を支配する反社会勢力:東京卍會(トウキョウマンジカイ:通称トーマン)の抗争に巻き込まれて死亡したことを知る。

トーマンはタケミチが中学2年の頃にケンカを売ったが逆にボコボコにされた不良集団がその原型となっていた。
そんな中、タケミチはある条件を満たすと過去にタイムリープができようになる。
武道はヒナの死という現実を変えるために過去にタイムリープし、その原因になったトーマンを潰すこと試みるが・・・・


★キャラクター
とにもかくにも登場キャラクターのカッコ良さがこのマンガの魅力だと思います!

まずは主人公
◆花垣武道(はながきタケミチ)
4Z%TEIihQPyV4HLzk0IpMA_thumb_16bf
ヒナの命を救うため、トーマンの結成時期にタイムリープするタケミチ。
ケンカが弱いタケミチが本物の不良達が集まるトーマンをどう止める!?
ヒナの死ぬ未来を変えるにため、タケミチにできることはあるのか!?


◆佐野万次郎(マイキー)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1644
トーマン不動のリーダー。圧倒的カリスマと強さでトーマンを牽引する。
過去のマイキーはトーマンを良い方向へ導いている。
トーマンが犯罪集団へ変容してしまった原因は?

東京卍會(トーマン)結成メンバー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d2
マイキーを頭に計6人で結成されたトーマン。
各メンバーともめちゃくちゃキャラが立ってます◎
特にNo2のドラケン(長身のキャラ)はマイキー並のカリスマを持つ。
この二人がトーマンの心臓。


・稀咲鉄太(きさきてつた)
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16cdのコピー
・ラスボス。ケンカは弱いが頭はキレまくる策士。
稀咲自身もマイキーに心酔している。
稀咲の狙いはマイキーをダークサイドに落としトーマンを犯罪組織に変えること。
未来のトーマンでは稀咲がNo2になっている。
稀咲を止めることがトーマンを止めることになりそうだが・・・・


マイキーというカリスマをタケミチとトーマン結成メンバーが光に導くか?!
それとも稀咲が闇に導くのか?!
それによって未来は一変する!

★見どころ
人は未来を知った時、過去の自分を超えられるか!
中学時代のタケミチにとってトーマンは雲の上の上の存在。
最強の武闘派集団にザコだったタケミチが介入していく。
とにかく修羅場の連続。
ふつうなら逃げ出すが、逃げれば未来のヒナが死ぬ。
覚悟を決めたタケミチが自分を超えていく瞬間が見どころ!d1a8Y6acToWjNPhPhxZTbA_thumb_16c5
aymJqatyRC23aL+0AAkjHA_thumb_16c4のコピー
%RPw5VV1RsWzDEIh2V%TmA_thumb_16bc
tSUBsTwaTq+IzaJzHaaxEw_thumb_16c8


・過去の成功=未来が良くなる。とは限らない。
だからおもしろい!

過去での原因を潰し、未来に戻ったタケミチだが・・・・そこには思わぬ結果が・・・
未来の変化が明かされる!その瞬間が最高にスリリングです!
↓良い未来もあるが・・・
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d3
想定外の未来も起こる!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1646のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー3
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1645のコピー2


負けるとわかっていても戦えるのが花垣タケミチ!
負けてもヒナを救えればかまわない。
タケミチはどこまで過去の自分を超えられるか!?
 

ながたんと青と
★ストーリー
舞台は終戦から6年が経った1951年の京都_東山
主人公:いち日(いちか)は料理人として西洋ホテルに勤めている。
いち日の実家は老舗料亭:桑の木(くわのき)
桑の木は戦後の不況で経営が傾き、このたび有力資産家の援助を受ける運びとなった。
援助の前提にはいち日の妹と資産家の三男:周(あまね19歳)の結婚があったのだが・・・
ある日、いち日の妹が別の男と駆け落ちしてしまう・・・・
その結果、いち日と周が結婚することに。二人の年齢差はなんと15歳!(いち日は34歳)

歳差の夫婦が戦後の日本を舞台に老舗料亭:桑の木の再建に挑む!


★キャラクター
・主人公:いち日
西洋料理に憧れ、ホテルの厨房に勤務していたが実家の料亭:桑の木の再建を決意しホテルを辞める!
卵料理がこの世で一番好き
年齢の割に若く見られる
5Yrq%R9iQkyAbMWdHL%CLw_thumb_169b
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_168f
・周(あまね)
資産家一家の三男。大学生ながら桑の木の経営面に才能を発揮する。
いち日と揉める事もあるが的確なプランを提案する桑の木の戦略担当◎
女性の社会進出に前向き。
IMG_0294
+xKo9t7yQqu%0zqMn7tULg_thumb_16a1
sJj37GgVSHKLqT1kMYixOQ_thumb_16a8

周は若いが合理的な考えを貫く強いメンタルの持ち主。
そんな周の経営参加を不快に思う料理人たちが一斉退職を申し出る。しかし周のブレない態度!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_ff
Q5gAZPINQWSTVSNJhdhbxQ_thumb_16a9


★世界観
戦後の日本社会でいかに「女性」が認められない存在だったか。が伝わってきます。
qhWoZ971SUWFsNqGiKSxUA_thumb_169dsOlMWlrMTJOP0TIukFst3A_thumb_169a

★感想
物もエンタメも現代より圧倒的に少ない戦後の日本。にもかかわらず
一つ一つの料理を丁寧に作るいち日を見ていると、そんな時代が魅力的に見えてきます。
戦後の世界観を感じつつ料理と色恋も楽しめる万能作品。

ファブル
「ザ・ファブル」は裏社会で暗殺を生業とする組織「ファブル」を描いた作品。
主人公はファブルの暗殺者:佐藤アキラ

ストーリー冒頭で佐藤はボスから「1年間一般社会で普通の生活をしろ」と命令される。
佐藤は暗殺のパートナー「洋子
と一緒に一般社会で静かに生活しようとするが
二人の暗殺者としての「強さ」と「匂い」がトラブルを招いてゆく。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167fのコピー

◯佐藤アキラの「強さ」が底知れない!
まずファブルは裏の世界でもヤクザの組長クラスしかその存在を知り得ない
最高レベルの暗殺組織。
そのファブルの中でも暗殺者の最高傑作と言われているのが主人公の佐藤アキラ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1627のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1628
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166dのコピー2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166dのコピー

◯なぜ佐藤はそこまで強い??
暗殺者としてのルーツは幼少期のサバイバル生活!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_163b

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_163a

佐藤は今でも訓練として数日間のサバイバル生活をする
佐藤に憧れるヤクザの「黒潮(クロちゃん)」が佐藤のサバイバルに同行するが・・・
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1663のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bc
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bd


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15baのコピー
「強さ」ルーツを知ると佐藤というキャラがより魅力的に見えます◎
「ザ・ファブル」は各キャラにリアリティがあって、特に主要キャラは実在する人物の様に思えてきます。そこがおもしろい!


◯佐藤の言動が「ファブル」の存在を際立たせる!
「ファブル」は自分達を「ファブル」とは呼ばない。
「ファブル」という名は実態の掴めない存在、完璧な秘密主義、
といった印象から周りが付けたアダ名。(ファブル=寓話の意)
そもそも「ファブル」は裏社会でも都市伝説扱いで、実在していない架空の組織だと思われているレベル。この設定も秀逸で作中もブレがない!

闇の組織「ファブル」。その輪郭が佐藤の言動から見えてくる◎
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1679

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_166f

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_15bbのコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_167d



ストーリーが進むにつれ、佐藤がどれまで強いのか?ファブルの実態?
が見えてきます。そこが最高におもしろい◎!
佐藤、ファブル、だけでなく
他のキャラの行動、死に様、利害関係、死ぬ者、生き残る者、などのさまざまなシーンにリアリティが感じられます。
このリアリティが「ザ・ファブル」の魅力・・・と思ってます!
読み始めたら佐藤の強さとファブルの世界観にヤラれてしまう傑作です!◎

↑このページのトップヘ