マンガソムリエ

読みたいテーマから選ぶマンガ紹介ブログ!

なにはともあれ
青春
(せいしゅん)とは生涯において若く元気な時代、主に青年時代を指す言葉として用いられる。  

90年代前半、大阪環状線をホームにする走り屋高速道路や公道スピードを出して走ることを好む人々)が盛り上がりを見せる。
多くのチームが作られ、カーチェイス、一般車両を巻き込む事故、チーム間での乱闘などが日常となっていた。


主人公:グッさんは血気盛んな18歳
ナンパするためにローンで買ったシルビアで環状線を走り出す。
そしてチーム「トリーズン」の一員となっていく。



当時「環状をドライブしよう」は女性を口説くのに最強のフレーズだったらしく、そこに走り屋チームの一員というオプションが付けばその威力は倍増。

走り、女、そしてトラブル、グッさん達の熱いライフがスタートする◎

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1729のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_172c


走り屋としての環状線にも吸い込まれていくグッさん達。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_172e


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1719

チーム間のケンカやら
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_172d
合コンしたり
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_172f
女、走り、見栄、仲間、借金して事故ったり(死んでもおかしくないレベル)、殴られたり
誰か誇れる要素がはまったくない青春。そこに全開で突っ込んでいくグッさん達のライフスタイルが痛快で気持ちいい!◎

作者の南勝久さんは元環状族。
そのリアルな経験から描かれた描写が当時の雰囲気を想像させてくれ、環状線の世界に引き込まれる◎
グッさん達が実在する知り合いのように感じられてきて、ついつい次刊を買ってしまう作品です◎
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1731のコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1730

LINEマンガで立ち読み可

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1720
nQeHJChUQh2dopAZ9hoOcA_thumb_171c
右近史子(うこんあやこ)31歳
高校の古典教諭(T大卒のエリート)

男に飢えすぎた女、それが右近先生。
それゆえに脳内のリミッターが外れてしまった様子。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171a
右近先生の男に対するストイックな姿勢とプライドを完全に捨てた発言がもはや気持ちいい!

生徒に対しても一切、夢を与えない。むしろ壊す!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171aのコピー2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171d 2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1718
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1718のコピー
とても古典の教師とは思えない笑

そして想像力も半端ない!
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171f 2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171f
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171fのコピー
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171fのコピー4
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_171fのコピー3
注:妄想です。
なりふりかまわず男にコミットしていく右近先生。
夢のあふれる連ドラには共感できない、そんな人には逆に刺さるかも!
とりまハイセンスなギャクに爆笑できることは間違いなしです!

ラインマンガで無料キャンペーン中 2019/10時点

荒木飛呂彦の漫画術
★内容
「ジョジョの奇妙な冒険」の著者がデビュー当時から蓄積してきたおもしろい漫画を描くためのノウハウが凝縮されたhowto本。
本著ではそのノウハウを「王道」と名付け、その根拠やメリットを解説。
逆に感性やセンスに任せて漫画を描き続けるとどうゆう壁にぶつかるのも著者の経験を交えて紹介してくれます◎
「王道」は目的にたどり着くための地図。
多くの漫画家が編集者からのダメ出しを受けて自分が描きたいものがわからなくなっていく、
そんな時でも「王道」を知っていることで自分の描きたい作品を見失なわずにいられる。



★王道とは何か?
まず漫画は4つの要素からできている。
1:キャラクター
2:世界観
3:ストーリー
4:テーマ 

この4つの要素をどう結びつけるか?どの要素で勝負するか?そして何を読者に伝えるか?
それが王道の基本。これを「4大基本要素」と呼ぶ。



★キャラクターと世界観
4大基本要素の中でも要になるのが「キャラクター」と「世界観」。
「キャラクター」にとって一番重要なのが「動機」
そのキャラクターは何をしたい人なのか?
その動機は読者が共感できる感情か?少年誌なら「仲間を助けたい」「恋人を守りたい」など。
正義や勇気をベースにした動機なら読者が感情移入しやすい。
「世界観」はズバリ読者が浸りたい世界。そこにリアリティを出せるか。
リアリティがなければ読者は冷めてしまう。著書がジョジョの中でどのレベルまでリアリティを追求しているかも解説されていて読み応えがあります◎
本書では未来都市を世界を描いた「アキラ」、幻想的な虫達の世界を表現した「蟲師」の世界観をサンプルとして紹介。もちろんジョジョも◎



★すべてはテーマへつながる
キャラクター・世界観・ストーリーを通して作者が読者に何を伝えたいのか?
それが「テーマ」。
テーマには作者の物の考え方、生き方が反映される。
「売れそうなテーマ、旬のテーマ」だからという理由で「テーマ」を設定して漫画を描いても
長期的な成功には繋がらない。自分の感性とズレた作品は数年で惰性で描くようになり、読者にもそれが伝わるから。
逆に自分がこれだと感じる「テーマ」があるのならそのテーマが暗かったり、時代とズレていてもその「テーマ」を選ぶべき。
キャラクター・世界観・ストーリーが上手く噛み合えばどんなテーマでも面白い漫画になる。



【感想】
長期で成功したいなら才能だけでなく、描き続けるためのノウハウも必須。
この「王道」は漫画に限らず、他の分野にも通じる部分があるかも?と著者も言ってますが、読んでみると本当にビジネスや日常生活にも生きる内容だと感じました。
読んで損なしの一冊。ジョジョのキャラやコマをモデルにして「王道」を紹介してるのでジョジョ好きにはさらにオススメです◎


↑このページのトップヘ